読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生の始め方

"何か"を始めたい大学生に向けて、様々なことの"始め方"を紹介していきます。

ウイスキーの始め方(銘柄編)

前回のウイスキーの始め方(飲み方編)に引き続き、今回はウイスキーを始めたい大学生におすすめの銘柄を紹介していこうと思います。

・その前に5大ウイスキーについて

ウイスキーには5つの有名な産地があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

1. スコッチウイスキー

世界で最も飲まれているウイスキーと言えばこのスコッチでしょう。スコッチの中にもハイランド・ローランド・スペイサイド・アイラ島など色んな産地があり、味わいも多様。そんなスコッチでも一貫しているのが独特なスモーキーな香り。一度クセになるとやみつきになる。

2. アイリッシュウイスキー

現代のウイスキーの基礎となるウイスキー。5大ウイスキーはこれから派生している。クセのない味わい。スコッチのスモーキーさやバーボンの甘さに慣れていない人には飲みやすい。今後の基準となるものとして飲んでおいて損はない。

3. アメリカンウイスキー

穀物の甘さが特徴のウイスキー。バーボンもこのアメリカンウイスキーの一種。バーボンはトウモロコシを原料としているため、より甘さを強く感じる。スコッチは苦手だけどバーボンは飲めるって人も結構いる。

4. カナディアンウイスキー

アイリッシュウイスキーに似てクセのない味わい。こちらも初心者の人には飲みやすいウイスキー。

5. ジャパニーズウイスキー

我らが日本のウイスキー。朝ドラ「マッサン」によって日本国内でブームになっただけでなく、国外でも有名な賞を受賞されるなど近年注目されている。様々な味わい・香りの銘柄があるが、どれも香りが伸びていくような感じがするのが特徴。



・オススメ銘柄5選

大学生の懐事情でも手が届き、かつ美味しいウイスキーを紹介していきます。

1. Teacher's(スコッチ/ブレンデッド)

1000円ちょっとでスコッチらしいスモーキーさを楽しめる僕のイチオシ。ブレンデッドらしい飲みやすさを持ちつつ、シングルモルトのような力強さもある。もちろん高価格のスコッチとは比べるべくもないが、大学生が普段飲むには十分すぎるクオリティ。僕は家に常に置いてます。

2. Jimbeam(バーボン/ブレンデッド)

こちらも1000円ちょっとで楽しめるバーボン。CMでもよく宣伝されているので見たことある人も多いと思います。バーボンを飲んだことがない人が一度試してみるにはお手頃。これが気に入った人はバーに行って高価格帯のバーボンを飲むと、より強い甘みを楽しめるでしょう。

3. Black Nikka Special(ジャパニーズ/ブレンデッド)

こちらは1500円前後で手に入るウイスキー。普通のブラックニッカはウイスキーに詳しくない人でも飲んだことのある人が多いと思うので、今回はこちらで。このブラックニッカスペシャルは世界的にも非常に希少なカフェ式連続蒸留器で作られたウイスキーで、原料由来の甘みが強いのが特徴。友人と家で飲むときなんかは大学生御用達の普通のブラックニッカではなくこちらを飲むことで、『分かってる感』を演出できるかもしれません(笑)

4. Tullamore Dew(アイリッシュ/ブレンデッド)

タラモア・デューと読みます。現代ウイスキーの礎となったアイリッシュウイスキーの中でも1500円前後で手に入れられるお手頃ウイスキー。香りや味もすっきりしていてウイスキーの基礎のようなものが感じられる。ただ万人に薦められるかというとそうでもなく、すっきりしているがゆえの強いアルコール感が大丈夫な人でないと合わない。中級者にステップアップするためのウイスキーという感じ。

5. The Macallan(スコッチ/ブレンデッド)

こちらはマッカラン。大学生が普段飲むには少し高価な感じがしますが、ウイスキーを語る上では避けて通れないので選びました。一番お手頃な12年ものでも5000円とイイ値段です。「ウイスキーのロールスロイス」と呼ばれるだけあって、スッと入る口当たりの中にも豊かな香りと味わいのある良いウイスキーです。大学生が瓶で買うにはちょっと高いので、何かの記念にバーなどで一杯だけ飲むというのが良さそう。


以上が僕のおすすめウイスキー5選です。これを参考に何種類か飲んでると自分の好みが分かってきて自然と飲みたい銘柄も増えると思います。バーでウイスキーを傾けるダンディな大人になるべく、あなたもウイスキーを始めてみてはいかがでしょうか?